炭だるまは、エコパウダー『炭の力』を、だるまにコーティングして作りました。
『炭の力』とは、炭の無数の孔をふさぐことなく塗料化することに成功し、それを塗布したものです。ここでは、エコパウダー『炭の力』機能をご紹介致します。

データは真実しか語りません


電磁波減衰効果試験(TVから発生する電磁波で検証)
家庭や職場には今、様々な電化製品が満ちあふれ、放出される有害な電磁波・プラスイオンが私たちの健康を脅かしています。また、昔から高圧線の下に住むと身体に悪いと言われますが、最近では高圧線のすぐ下に住宅が広がる風景もめずらしくありません。大量の電子を蓄める特性がある木炭(高温履歴炭)は有害な電磁波を取込み、かわりに健康イオンと呼ばれるマイナスイオンを空気中に発生させます。                                

炭のシートなし 炭のシートをはさんだ状態

鮮度保持試験
試験開始前
『炭の力』を塗布した木箱と塗布していない
木箱に新鮮な野菜を入れてフタをする。
9日後の野菜
『炭の力』を塗布していない方の野菜は、ハリ
がなく、変色も見られる。一方塗布した方は野
菜のハリもよく変色も少ない。

 木炭の表面には無数の孔があいていて、それが臭いや湿気などを吸着するといわれています、他にもホルムアルデヒドやダイオキシンなどを吸着し、分解して炭酸ガスと水に変化させることが分かってきました。とくに800〜1000度で焼成され
た木炭は発ガン性物質のトリハロメタンや有機ハロゲン化合物を選択的に吸着するといわれます。